ベルリン(前編)

June 15, 2018

6月の頭から中旬にかけ、デザインの見聞を広げる研修として、ドイツはベルリンを旅してきました。日本との時差はおよそ7時間。昼夜の寒暖差が少しあるものの、6月のベルリンは比較的過ごしやすい穏やかな気候。今旅の目的である芸術や建築などを中心に、観光地から市街地、ギャラリーまでベルリンの東西を巡って来ました。歴史、文化、芸術、食、その他あらゆるもの―。その全てから刺激を受ける充実した旅となりました。

 

 

U5 Samariterstrから望む、美しい夕暮れの街と高く聳え立つ近代的な造形のテレビ塔。

 

短期のホームステイでお世話になったホストファミリーのチャーメインさんと記念に一枚。

 

バルコニーの向かいに連立するオシャレなアパート。

 

Urban Spree Gallary。工房の展示やストリートアートなどを鑑賞。

 

East Side Gallery(シュプレー川沿いに建てられたベルリンの壁を利用した壁画ギャラリー)

国内外のアーティストによって描かれた様々なスタイルの自由や平和へのメッセージ。

 

St. Marien Kirche(バルト海一帯のゴシック式教会の手本となった教会)

ゴシック式レンガ造りの建築物の中では世界で最も高い建築のひとつ。

 

Red Townhall(赤の市庁舎)ベルリンの市旗の紋章はクマがシンボル。

 

Berliner Dom(ベルリン大聖堂)美しい彫刻と景観に暫し見入ってしまいました。

 

何気ない街の風景、心地よい緩やかな時間が続いています。

 

 

後半につづく

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

日本愛媛県松山市北条

graphicdesignofficestroke storoke

TEL 089-950-5636

© GRAPHIC DESIGN OFFICE STROKE

  • Facebookの - ホワイト丸